Web APIとは

WEB APIとは、オンライン上で利用できるアプリケーションです。
Google,Yahoo,Amazon,ぐるなび,楽天,Facebook,Twitter他、有名WEBサービスがそれぞれが独自のAPIを公開しており、ユーザーはこれらのAPIを利用する事で、各サービスのデータを検索したりサイトで利用したり出来るようになります。

使い方としては、サイト内に設置して
今日のお天気、運勢、商品価格、在庫情報、Twitter(つぶやき)表示など、常に最新情報が表示できるという点が、API最大のメリットです。

具体的に各社のAPIを紹介します。


amazon API 
・アマゾンから最新商品情報を引っ張ってきて、自分のサイトにのせる。
・アマゾンの最安値価格・中古価格を自動で取得 等。
出力:XML形式
サイト:Amazon Web Services
仕様:Product Advertising API

楽天 API (楽天商品検索API)
・自サイト内で商品検索が可能。在庫情報や値段変動も取得。
・楽天トラベルでは空室情報もゲットできます。
出力:SOAP/JSONP,JSON,XML形式
サイト:楽天商品検索API

ぐるなびAPI
・店舗情報取得
・自サイト内で、店舗絞り込み検索+結果一覧を表示する。等
・Yahoo又はGoogleのマップAPIと組み合わせて、レストラン案内サイトの構築とか。
出力:XML形式
サイト:ぐるなびWebサービス

Google API (Google Maps API)
・地図情報を色々な形で取得可能。3Dマップも。
出力:Maps API ジオコーダでXML・KML・CSV・JSON形式対応
サイト:Google Maps API
GoogleはMap以外にも解析・チャート・検索系APIが用意されていますが略。

Yahoo API
・地図、オークション、ショッピング、検索、天気予報、テキスト解析など、各種Yahooサービスが利用可能。
出力:XML・json・PHP Serialize形式対応
サイト:Yahoo!デベロッパーネットワークサービス一覧

Facebook API (Graph API)
・フォトアルバム・チェックイン・コメント・イベント他、ほぼ取得できるみたいです。
出力:不明(JSON形式?)
サイト:Graph API – Facebook Developers(英語)

Twitter API
・自サイトや自作アプリからつぶやき投稿や検索が可能になる。
出力:JSON・XML形式対応 (一部RSS・Atom形式でも所得可能)
公式:Twitter Developers(英語)
参考サイト:Twitter API – TwitterまとめWiki

これらの他にも様々なWEB APIが公開されています。

プラグインやブログパーツと違い、アイディア次第では自身のコンテンツ内に設置していろいろと利用できそうです。

TOPへ戻る